家族構成ライフステージの変化

家族構成の変化やライフステージ変化によるリフォームは、単純な老朽化、劣化対策などとは異なり、とても大掛かりな工事になります。そして事前の設計や計画もより複雑になります。二世帯住宅にする場合はキッチンや浴室、トイレなどの生活していくに必要不可欠な設備の増設も必要になってきます。増設費用によっては建て替えの方が安くなる可能性もありますので、業者の選定が重要になってきます。近年高齢化社会となってきているので、住宅事情も時代の流れに合わせていく必要があります。高齢者が安全に生活できるように配慮していくことが必要です。身体的な変化や、バリアフリー化、住宅介護がしやすい間取りに変更するなどのリフォームが必要となってきます。バリアフリー化とはどのようなものなのか具体的にみていきましょう。手すりを廊下や階段に設置すること、ドアを引き戸にすること、段差をなくすこと、段差がどうしてもできてしまう場合には勾配のゆるいスロープを設置するなどがあります。これらのリフォームは近年需要の多い工事で、比較的簡単なリフォームと言えます。そのため、業者の選定も難しくありません。一方で、高齢者対応のリフォームで、比較的難易度が高いのが、要支援、介護状態になった高齢者が自宅で生活できるようにリフォームすることです。具体的にどのようなものがあるのか確認していきましょう。家族やヘルパーさんがサポートしやすいように、トイレや浴室などを広く作り、介護用のユニットバスやトイレに変更することが考えられます。これらのリフォームをする際には空間的にも余裕が必要となってくるので、設計が難しくなってきます。そのため、その分工事も大がかりになってくるので、業者の選定も難しくなるのです。